恵比寿の小さなギャラリー


恵比寿にある小さなギャラリーです。日々に"風"を運んで来てくれる作品を展示いたします。

2016/12/28

金江津いちご 〜ごろんと甘いいちご畑のお話し〜


金江津いちご
〜ごろんと甘いいちご畑のお話し〜

2016年12月28日(水)〜30日(金)
2017年1月5日(木)〜9日(月)

時間:11時〜20時
会場:gallery and shop 山小屋

「いちご作りは土作り」
そう語るいちご農家、細谷忠男さんの哲学をひきついで、
「金江津いちご園」は生まれました。
こうして、365日、いちごと共に生きる暮らしが始まりました。

安全で、栄養たっぷりのいちごを作りたいから、
土にこだわり、苗から大切に育てています。
自家製の有機肥料を使い、
農薬も出来る限り少なくしています。

ひたすら正直に、大切に育てられたいちご。
この冬、たわわに実りました。
できたて、とれたてのいちごを、
山小屋でお披露目します。
ぜひ、いちごに会いにきてください。
そして、一粒、召し上がってみてください。

今回、特別に作るいちご大福もお楽しみに!
茨城県の金江津より、お届けします。

※いちごは、販売いたします。
※贈答品用も承ります。地方発送も可能です。

2016/12/22

あきちゃんの美味しい焼き菓子



あきちゃんのおいしい焼き菓子
Joyeux Noël by「atelière」

あきちゃんのつくる焼き菓子は、
素材の味が身体にやさしく、
とってもおいしい。
みんなに食べてもらいたいお菓子です。
大人のフルーツケーキに
岩手産の生姜と黒糖のケーキ、
ガトーショコラ、
アーモンドとくるみのメレンゲ……。
クリスマスの夜、大切な人と過ごす時間に、
あきちゃんの焼きお菓子はいかがですか。
3日間だけ、山小屋が焼き菓子店「atelière」になります。
ぜひお立ち寄りください⭐️

12月22日(木)12:00〜20:00
23日(金)11:00〜19:00
24日(土)11:00〜19:00
gallery and shop 山小屋
渋谷区恵比寿1-7-6 陸中ビル1F

《販売予定のお菓子》
①大人のフルーツケーキ ¥2900(23cm×5cm)
ブランデーに漬けたドライフルーツ(イチジク、レーズン、クランベリー、オレンジ)をたっぷり混ぜ込んだちょっとリッチなケーキです。お家でのパーティーやお友達とのクリスマスパーティーの手土産としてもぴったりです!
②生姜と黒糖のケーキ
③ガトーショコラ
④ナッツのタルト
⑤ツリーの形のマドレーヌ
⑥ブールドネージュ
⑦クリスマスクッキー
⑧アーモンドとくるみのメレンゲ
等々
《山野 亜希子 プロフィール》
”ル カフェ マミィ”で10年以上、焼き菓子の製造、販売等を経験。
そこで培った経験を活かし、今は”atelière”として活動中。自分が求める甘味、食感、粉の配合など日々研究しています。
毎日、いつでも良いので「ふぅ〜っ」と一息をつく時間を作ってほしい。そういう時に食べてもらえたら。毎日気軽に食べてもらえたら…という思いで作っています。
材料はシンプルに、砂糖もお菓子に合わせて変えています。旬のフルーツや野菜も取り入れながらお子様からお年寄りの方までみんなに食べてもらえるような素朴な焼き菓子作り心掛けています。

2016/12/20

ルクツル展



インドの手紡ぎ手織りの伝統布、Khadi(カディ)。
手で紡ぐ・手で織る・染める、現地に滞在して作るクツルの服。
シンプルで着まわせる服。手仕事が光る服をお届けします。
軽くて暖かいウールカディ新作も。

ルクツル展〜おとなのおしゃれ服〜
12月19日〜21日 11:30〜20:00(最終日は19:00まで)

本木明子プロフィール
文化服装学院アパレルデザイン科卒。インドの伝統布や染めに魅了され、年に数回インドに滞在し、ルクツルの洋服を制作している。茨城県牛久市の女化町の森の中で企画、ルクツルのアトリエショップONABAKE97のオーナーでもある。

▼ルクツルWEB
rukuturu.jp

2016/12/07

移動帽子屋AURA 冬の帽子とブローチ展



移動帽子屋AURA
冬の帽子とブローチ展

12月に入り、街もクリスマス一色。冬本番となりました
山小屋では、移動帽子屋AURAの冬のコレクションをお届けします。
日本国内の工場で生産し、質の高い帽子をつくるAURA。
ベレーを中心に、フェルトのハットやニット帽が並びます。
今回は、帽子に合う陶器や刺繍の作家さんによる
ブローチをご提案します。冬の贈り物にもぜひどうぞ。

開催日:2016年12月9日(金)〜18日(日)
時間:13:00〜19:00  休日:月・火 
会場:gallery and shop 山小屋
東京都渋谷区恵比寿1-7-6 陸中ビル1F

<出品作家>
帽子:移動帽子屋AURA
ブローチ:河井いづみ 鈴木美汐 CEM COLLO huit TAGAKU

<企画>
gallery and shop 山小屋/MOVE Art Management

<メインビジュアルイラストレーション>
河井いづみ

2016/11/29

にしぜん製菓舗 恵比寿出張販売店Vol.4


にしぜん製菓舗 恵比寿出張販売店Vol.4

長崎県島原市の小さな和菓子店「西善製菓舗(にしぜんせいかほ)」
大正15年の創業から変わらず、カステラや生菓子などの郷土菓子を、
材料にこだわり一つ一つ手作りで製造しております。
11月30日~12月5日の6日間、カステラや長崎菓子の販売を行います。
有明海の風と雲仙岳の息吹に育まれた素朴な味わいと、アートなパッケージを是非ご覧下さい。

にしぜん製菓舗 恵比寿出張販売店Vol.4
日時:11月30日(水)~12月5日(月) 12:00-20:00
場所:Gallery & Shop 山小屋
東京都渋谷区 恵比寿 1-7-6 陸中ビル 1F (JR恵比寿駅西口2分)


2016/11/21

あまのさくや個展「生きている」

あまのさくや個展「生きている」


2016年11月22日(火)-27日(日)
時間:11:00〜20:00(最終日のみ18:00まで)
場所:恵比寿 Gallery and shop 山小屋
(渋谷区恵比寿1-7-6 陸中ビル1F)
JR恵比寿駅 西口改札を東側に出て徒歩2分

絵はんこ作家さくはんじょさんが、1年半ぶりとなる個展を開催します。
遡れば山小屋がまだ山小屋になる前に「さくはんじょ」として初めて個展をして頂きました。
「感慨深い思い出をむねに、新作作品たちを並べる予定です。」とさくはんじょさん。
素敵なはんこ作品がたくさん並びます。
どうぞお立ち寄りください!

<ミニミニワークショップ>
個展会期中、ひそやかなワークショップも行いたいと思います。
お一人約30分ほど。小さな[2センチ角のはんこ]を彫ってみませんか。
小さな空間なので、一回限定1、2名様のみ!
体験的にはんこを彫ってみたい方はどうぞ。
図案も用意しますが、ご自分で彫りたいものをご用意いただいてもかまいません。
(図案によっては時間がかかってしまう場合がありますのでご相談ください)

ゆっくり腰を据えて彫りたい!という方は他のワークショップ機会をおすすめします。
↓各日2回の開催となります。sakuhanjyo@gmail.com
ご希望の日時と参加人数をメールにてお知らせください。
11/23(水) ①11:00〜 / ②12:00〜
11/25(金) ①11:00〜 / ②12:00〜
11/27(日) ①11:00〜 / ②12:00〜

参加費:2000円(材料費込み)
ここからは、年末恒例の好評企画。
迫り来る年賀&クリスマスシーズン。
この時期に活躍するはんこを彫りましょう〜。

<プロフィール>
あまのさくや(はんこ版画イラストレーター)
1985年生まれ。2011年に「さくはんじょ」を立ち上げ、フリーランスとしてはんこ版画でイラストを制作中。会期中にワークショップや似顔絵オーダー受注なども実施します。

2016/11/06

今日からこの小屋に住みます。絵を描きます。展。



コバヤシエツコ個展
今日からこの小屋に住みます。絵を描きます。展。

会期:2016 年11 月9 日(水)~15 日(火)
時間:13:00~19:00
会場:gallery and shop 山小屋
 東京都渋谷区恵比寿1-7-6 陸中ビル1F
(恵比寿駅から徒歩2 分)
企画:MOVE Art Management / 新谷佐知子
デザイン:高野美緒子

gallery and shop 山小屋(東京•恵比寿)では、パリの59Rivoli で活動するアーティスト、コバヤシエツコの個展を開催します。パリのリヴォリ通りにあるアトリエ59Rivoli は、かつて3 人のアーティストが廃ビルをスクワット(不法占拠)して生まれた伝説的なアトリエです。一時期はフランスの現代美術施設としては入場者数第三位を記録するこのアトリエの初期メンバーとして15 年間、現地で絵を描き続けているのがアーティスト、コバヤシエツコ(エツツ)。

エツツは、その卓越した色彩と独特なラインを組み合わせ、セックス、少女、人間、動物、室内、室外のようなジャンルをミックスして表現します。幾十にも重なる色彩やライン、蛍光色、鈍い色、カンバスの白地、透明、縫った素材、刺繍で遊びます。
今回は、エツツとその相棒、最初に59Rivoli を占拠した3 人のメンバーのうちの1 人でもある、ブルーノが山小屋をスクワットします。二人が暮らし、描き、食べ、眠る1 週間を展示します。小さな小屋を訪ねてみてください。何が起きるのか、それは誰にもわかりません。




コバヤシエツコ(Etsuko Kobayashi・エツツ)
長野県生まれ。2001 年に渡仏してすぐにパリのスクワット「59Rivoli」と出会い、絵を描き始める。大胆な色彩と独特なラインで生まれる絵は「59Rivoli」を訪れる人々の目にとまり、ほどなくフランス、イギリス、アメリカのギャラリーで個展を開くようになる。以来15 年に渡りアーティストとしてパリで暮らす。2013 年、「59Rivoli」を訪れた川内有緒がエツツと出会い、初の著書本『パリでメシを食う。』の作品が生まれた。今回の山小屋での展示は、エツツの日本での初個展となる。

今日からこの小屋に住みます。絵を描きます。展。



コバヤシエツコ個展
今日からこの小屋に住みます。絵を描きます。展。

会期:2016 年11 月9 日(水)~15 日(火)
時間:13:00~19:00
会場:gallery and shop 山小屋
 東京都渋谷区恵比寿1-7-6 陸中ビル1F
(恵比寿駅から徒歩2 分)
企画:MOVE Art Management / 新谷佐知子
デザイン:高野美緒子

gallery and shop 山小屋(東京•恵比寿)では、パリの59Rivoli で活動するアーティスト、コバヤシエツコの個展を開催します。パリのリヴォリ通りにあるアトリエ59Rivoli は、かつて3 人のアーティストが廃ビルをスクワット(不法占拠)して生まれた伝説的なアトリエです。一時期はフランスの現代美術施設としては入場者数第三位を記録するこのアトリエの初期メンバーとして15 年間、現地で絵を描き続けているのがアーティスト、コバヤシエツコ(エツツ)。

エツツは、その卓越した色彩と独特なラインを組み合わせ、セックス、少女、人間、動物、室内、室外のようなジャンルをミックスして表現します。幾十にも重なる色彩やライン、蛍光色、鈍い色、カンバスの白地、透明、縫った素材、刺繍で遊びます。
今回は、エツツとその相棒、最初に59Rivoli を占拠した3 人のメンバーのうちの1 人でもある、ブルーノが山小屋をスクワットします。二人が暮らし、描き、食べ、眠る1 週間を展示します。小さな小屋を訪ねてみてください。何が起きるのか、それは誰にもわかりません。




コバヤシエツコ(Etsuko Kobayashi・エツツ)
長野県生まれ。2001 年に渡仏してすぐにパリのスクワット「59Rivoli」と出会い、絵を描き始める。大胆な色彩と独特なラインで生まれる絵は「59Rivoli」を訪れる人々の目にとまり、ほどなくフランス、イギリス、アメリカのギャラリーで個展を開くようになる。以来15 年に渡りアーティストとしてパリで暮らす。2013 年、「59Rivoli」を訪れた川内有緒がエツツと出会い、初の著書本『パリでメシを食う。』の作品が生まれた。今回の山小屋での展示は、エツツの日本での初個展となる。

2016/10/26

山小屋マルシェ〜パクチーの海に溺れてしまえ!〜



山小屋マルシェ From Farm to Table
〜パクチーの海に溺れてしまえ!〜

秋です。ダイキッチンです。
岩手から三浦大樹が季節を連れてやってくる、大好評企画
今回の山小屋マルシェは…

"パクチーの海に溺れてしまえ!”

岩手のいきいき農場で作るパクチーは、
地域の有機質肥料を使い、
秋の涼しい気候で生育することで茎が立派に育ち、
香り豊かに育ちます。
そんじょそこらの貧弱なパクチーとはひと味違います。
パクチー好きのあなたも、パクチーがあまり得意じゃないあなたも、
美味しいパクチーの頂き方をお教えします。
お楽しみに!

そして、秋野菜もたっぷり。
ほうれんそう、サツマイモ、にんにく、長ネギ、
白菜、ショウガ、などなど…
黒にんにくももちろん量り売りしますよ。

定番の加工品はエゴマスタードや万能たれに、トマトジュース♪

秋の味覚をたっぷり楽しむ山小屋マルシェ。
お待ちしてますー!

----------------------------------------------------
山小屋マルシェ From Farm to Table
~パクチーの海に溺れてしまえ!~
期間:10月27日(木)~31日(月)
OPEN:12時~20時
※ 最終日は19時まで♪
会場:gallery and shop 山小屋
東京都渋谷区恵比寿1-7-6 陸中ビル1F
------------------------------------------------------

2016/10/14

erajho JAPANIO × tsamtrin 2人展



erajho JAPANIO × tsamtrin 2人展

Autumn Collection
“couleur pour vous”

2016年10月13日(木)~18日(火) 12:00~20:00

erajho JAPANIO × tsamtrinコラボレートアクセサリーを中心に2ブランドのオーダー&展示即売会を開催いたします。
メインとなる、tsamtrinの繊細なガラス細工とerajho JAPANIOのカラフルなニットが織り成すアクセサリーは全て1点モノ。
“couleur pour vous”…この秋、貴方だけのカラーで彩りませんか?


【erajho JAPANIO】
様々な素材を1本の糸から編み込んでいく“ニット”を中心にしたウエアからアクセサリー、小物を展開。
デザイン画も製図もなく感覚でつくり上げるアイテムは全てハンドメイドの一点モノ。
イベント出店・オーダーメイド中心に活動しています。
material×color×love×eri=erajho JAPANIO, Hand made in Japan.  Each and every item, hand-crafted and designed by Eri Takezoe.
http://www.pinterest.com/erajhojapaniooo/

【tsamtrin】
tsamtrin(ツァムリン)とはチベット語で「彩雲」という意味。
2001年、チベットで見た曼荼羅に衝撃を受け、その宇宙観と万華鏡の世界に共通のものを感じ制作をはじめる。
現在、ガラスをメインに素材・表現方法に拘らず『曼荼羅』をベースにした作品を展開。全て一点ものです。

2016/10/05

ちび豆 展 mitsumame photo exhibition



アーティストの坂田みつ豆さん
今まで撮りためた「ちび豆」の写真展を開催します。

--------------------------
ちび豆 展
mitsumame photo exhibition

2016年10月5日(水)〜10月11日(火)
時間:14:00-19:00 (最終日は14:00〜18:00)
--------------------------

30点以上の愛らしい写真とポストカードもありますので、
ぜひご来場いただき、お気に入りのちび豆を見つけてください。
この展示のために制作した限定の作品もあります。

2016/09/14

*English and Chinese follows


*English and Chinese follows
【概要】
名称 「Silent Voices」褪せる東京記憶錄 by Kimi Tang
日時 2016年09月19日(月)〜09月21日(水) 11時~20時
場所 Gallery Yamagoya 山小屋
住所 東京都渋谷区恵比寿1-7-6 陸中ビル1F
(恵比寿駅西口から徒歩一分。猿田彦珈琲、和アイスOUCAの並びにあります。)
入場 無料
---------------------------------------------------------------
【Silent Voices】by Kimi Tang
A conceptual commentary of the state of social decay in Tokyo.
Date and Time | September 19–21, 2016 (11am–8pm)
Venue | Gallery Yamagoya
Address | Ebisu 1-7-6, Shibuya-ku, Tokyo 
(Next to the West gate of Ebisu Station)
Entrance | Free
---------------------------------------------------------------
【個展詳情】
名稱 「Silent Voices」褪色的東京 by Kimi Tang
時間 2016年09月19日(ㄧ)〜09月21日(三) 上午11點~下午8點
地點 Gallery Yamagoya 山小屋
地址 東京都渋谷区恵比寿1-7-6 陸中ビル1F
(恵比寿車站西口出來,步行1分鐘。山小屋位於猿田彦咖啡、冰品OUCA的旁邊。)
免費入場

2016/09/06

Reflection 鈴木美汐 作品展



アイルランドの列車の中から見た朝靄の牧草地。
ドイツの深い森にたたずむ湖のほとり。
木々の隙間から見上げた高い空と木漏れ日。

陶芸家の鈴木美汐さんは、
忘れられない旅の風景や一瞬の光を、陶器に映し出したいと言います。
そうして、白樺を表す「バーチ」や、ケルト語で森を意味する
「ラウル」という器シリーズが誕生しました。
それらの器は、私たちの食卓の光をほんのりと反射しながら、
目の前の毎日と遠くの森をつなげてくれる、そんな気がするのです。

昨年はドイツに長期滞在し、森を歩いたり思索を深めてきた美汐さん。
今回の個展では、その時に見て感じた風景が折り込まれた新作シリーズも発表します。
二年前の「森の食卓」で大人気だった美汐さんの器。
ぜひ会いにきてください。

--------

Reflection〜木漏れ日を映す器〜
鈴木 美汐 作品展

2016年9月23日(金)〜10月2日(日)
時間:13:00-19:00 (お休み:月・火)
会場:gallery and shop 山小屋
東京都渋谷区恵比寿1-7-6 陸中ビル1F

--------

企画:MOVE Art management
写真:スズキアサコ
デザイン:高野美緒子
Special Thanks:小熊千佳子 Porto Ponpone

--------

Reflection 鈴木美汐 作品展



アイルランドの列車の中から見た朝靄の牧草地。
ドイツの深い森にたたずむ湖のほとり。
木々の隙間から見上げた高い空と木漏れ日。

陶芸家の鈴木美汐さんは、
忘れられない旅の風景や一瞬の光を、陶器に映し出したいと言います。
そうして、白樺を表す「バーチ」や、ケルト語で森を意味する
「ラウル」という器シリーズが誕生しました。
それらの器は、私たちの食卓の光をほんのりと反射しながら、
目の前の毎日と遠くの森をつなげてくれる、そんな気がするのです。

昨年はドイツに長期滞在し、森を歩いたり思索を深めてきた美汐さん。
今回の個展では、その時に見て感じた風景が折り込まれた新作シリーズも発表します。
二年前の「森の食卓」で大人気だった美汐さんの器。
ぜひ会いにきてください。

--------

Reflection〜木漏れ日を映す器〜
鈴木 美汐 作品展

2016年9月23日(金)〜10月2日(日)
時間:13:00-19:00 (お休み:月・火)
会場:gallery and shop 山小屋
東京都渋谷区恵比寿1-7-6 陸中ビル1F

--------

企画:MOVE Art management
写真:スズキアサコ
デザイン:高野美緒子
Special Thanks:小熊千佳子 Porto Ponpone

--------

2016/08/31

カンボジア手織りシルクの服 APSARA




カンボジア手織りシルクの服 APSARA

日時:2016年9月16日(金)〜18日(日)
           16日(金)12:00〜19:00
           17日(土)10:30〜19:00
           18日(日)10:30〜19:00

アプサラは、クメール語で「天女」のことです。
カンボジアにある、手織りシルクの小さな村で織られた草木染の手織りシルクを、日本で一点一点手作りしています。自然の恵みであるシルクを、手織り・手作りで仕立てるアプサラの服は、着る人の優しさを引き出し、健やかさや自分らしさ、豊かさへといざないます。

手で紡がれた糸を丁寧に手織りした布は、織むらがあるため工業生産には向きません。その為、布の表情を生かし、心を込め一点ずつ手作りで仕立てています。そして、アプサラの服を着ていただくことは、カンボジアの手織りシルクの村の自立支援に繋がっています。

また、シルクには、体にやさしい効能が沢山あります。

生体親和性
…人の肌とほぼ同じ成分で出来ているので、アレルギーを起しにくい
静菌性
…菌を殺さず、菌の繁殖を防ぐ為、安全で、臭くならない
UVカット繊維であること、などなど…。

まさに自然の恵みなのです。
自然で心地よく安心な服を着ることで、新しい「着る」感覚を感じていただけたら、きっと、ご自身のよろこびや豊かさへと、つながっていくと思います。
そんな手織り、手作りの服を、是非ご覧くださいませ。
山小屋で皆様とお目にかかれますのを、心より楽しみにしております。

アプサラ by NPO/Shien Tokyo 竹下美江

2016/07/28

riviere Summer collection


riviere
Summer  collection

2016.7/29(fri)~8/1(mon)
10:00~20:00
(初日は11:00 open 最終日は19:00 close )

夏空の下お気に入りの帽子でお出かけしませんか?
今回の展示では、イタリア  フランス
イギリス ス イス 日本の
力強く、色鮮やかな生地を多く使用しています。
一緒に旅に出たくなるような
気持ちがリラックスするような
そんな帽子を沢山ご用意して
お待ちしています。
riviere(リヴィエール)の帽子は
パターンから縫製までを一貫して
行っています。
オリジナルパターンのメンズ
レディース帽子はサイズ変更や
生地替等も承っていますので
お気軽にご相談下さい♪

2016/07/25


UN VOYAGE AVEC TOI
JOHN&PORTO COLLECTION

2016.7.26 tue - 7.28 thu
13:00 - 20:30
at gallery and shop Yamagoya
1-7-6-1F Ebisu Shibuyaku Tokyo Japan


Johnとportoは共にコレクションを創る機会を得ました。
それはまるで天からの贈り物のように。

女性は季節を超え、時を超え
完璧な自由を追い求める旅に出るためにその服を選ぶ。
今ここにフランスと日本のランデブーが始まります。



JOHN JEAN-JOSEPH
ジョン・ジャンジョゼフは、パリ出身の直感的なタイプのデザイナー。
ジョンは文化や国境を越え、日々のインスピレーションを元に、今までにない感覚的でインパクトのあるファッションを創る。これまで数度に渡り日本を巡る旅の中で、ユニークで多様な文化を肌で感じながら過ごしてきた。その旅からインスパイアされて生まれたのが今回のコレクション。自由を求める全ての女性へ、ジョンから新しいファッションを提案する。


Porto di Luna
植木公一によるオリジナルブランド「Porto di luna」。ショップ「Porto Ponpone」を東京・西荻窪に構える。自身の原点でもあるイタリア・アマルフィの街からインスピレーションを得、「南欧の港町に暮らす人々の普段着、そして、旅先でトランクから出して、くしゃくしゃのまま着る服」をコンセプトに、長く日常的に愛される服を生み出し続けている。

2016/06/27

Porto Ponpone 銀色の雨



Porto Ponpone
Laboratory
銀色の雨

2016年6月28日(火)〜7月7日(木)
13:00〜19:00 月・火 お休み
Gallery and Shop 山小屋
渋谷区恵比寿1-7-6 陸中ビル1F



Porto Ponponeが1年半ぶりに山小屋で個展をします。
植木さんご本人に、「銀色の雨」についてお話しを伺いました。

「山小屋はラボなんだよね。実験室。
西荻のアトリエで追求しているスタンダードとは全く違う山小屋限定のラインっていうのかな。今まで着手できなかったデザイン、素材、パターンで服づくりをしようと思ってる。
山小屋をイメージするとやっぱり少し都会的なデザインを発信したくなるんですよね。名前は山小屋なんだけど。笑
白、青、銀色を使って、ちょっと光る素材で。
僕の中では毎回、山小屋はラボラトリー的な意味合いが強いから、タイトルは銀色の雨Labにしよっかな〜。どうかな。」
by Porto Ponpone 植木さん



というわけで、Porto Ponponeの新作が山小屋にやってきます!
ぜひ、お楽しみに♪


Porto Ponpone
西荻にアトリエショップを構える。南欧の港町に暮らす人々、の日常着。 そして、旅先でトランクからひっぱり出して、くしゃくしゃなまんま、着る服! そんな匂いがする服を想って創っています。

2016/06/20

roserose PAST and FUTURE展

















roserose
PAST and FUTURE 展

6/24(金) - 6/26(日)24日/12:00~19:00
25日&26日/11:00~18:30 

『女の子の楽しいヒトトキや大好きなモチーフを詰め込んで
身につけてHAPPYになれるようなjewelry』をコンセプトに
シルバーやゴールドなどでアクセサリーを作ってます。
今回は新しくレースモチーフのイヤークリップやピアスに
カワイイダイアをトッピングしました!

2016/06/03

移動帽子屋AURA 旅する夏の帽子展2016



今年の夏も、移動帽子屋「AURA」の新作がやってきます!
メインは、もう生産されていない「ブレードミシン」を使った上質の麦わら帽子。職人が、手の感覚を頼りにグルグルとろくろのように縫い上げてシルエットを作るので、一点ずつ表情が違うのが特徴的です。今年は、夏のベレーもありますので、ベレー好きの方はぜひ試してみてください

女性らしいデザインのものからクラッシックなメンズのハットまで、あなたに似合う一点がきっと見つかります。
これからが、帽子シーズンの本番。夏の旅に出かける前に、お気に入りの一点を探しに来てください!


【移動帽子屋AURA 旅する夏の帽子展2016】
会期:6月4日(土)〜12日(日)
時間:13時〜19時 お休み:月、火
会場:gallery and shop 山小屋
東京都渋谷区恵比寿1-7-6 陸中ビル1F

2016/05/30

田野崎文弾き語りライブ はなうた at 山小屋



田野崎文

はなうた@山小屋

北海道で暮らす歌うたいの田野崎文さんによる小さな演奏会を開催します。
透明感のある美しい声が小さな山小屋に響く夜。
ぜひお越しください。

いらっしゃれそうな方は、コメントかメッセージをください♪


OPEN 19:30
START 20:00
1500yen(1 drink付)
定員:10名ほど
(とっても小さな演奏会です)
会場:gallery and shop 山小屋
東京都渋谷区恵比寿1-7-6 陸中ビル1F
※恵比寿駅西口を東側に出て徒歩1分


ゆきどけ(lyric and song by Aya Tanosaki)
https://www.youtube.com/watch?v=FvloWx2v_Fs

田野崎 文 - tanosaki aya -
北海道出身 シンガーソングライター
2005年 ミニアルバム 心ごころ でデビュー。
ピアノの弾き語りや、ボーカリストをメインのスタイルとしながら、映画のナレーションを担当するなど、活動は多岐に渡る。
北海道 東京を始め、全国各地でライヴをしながら 音楽を届けている。
深い優しさを感じさせる 唯一無二の歌声は、聴く人の心に 忘れかけていた 大切な何かを思い出させてくれる。

2016/05/10

船でどこかへ



船でどこかへ

この季節になると
船でどこかへ
行きたくて
ノートにちいさく船を描く
行き先は、どこか遠く
水平線に夕日が溶けて
海辺の街にたどり着いたら
風と一緒にひとやすみ

<旅のおとも>
Porto Ponponeのカットソーとワンピース
Tamano Parisのアクセサリーとエスパドリーユ
Etsuko Yamadaのバッグとベルト
槙塚鉄工所の灯台ブローチ
雑誌「IKUNAS」
岩瀬直美さんの海の絵
貝殻、いくつか。

<期間>
2016年5月14日(土)〜22日(日)
OPEN 13時〜19時 CLOSE 月・火

<出発地>
gallery and shop 山小屋
渋谷区恵比寿1-7-6 陸中ビル1F